FQTQ☆ピコピコマジック
ファンキーピコピコかつパワフルにわかりやすくて楽しいテクノをおとどけします
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
go west
ドリルボーイというバンドのレコーディングをした。
バンドといってもメンバーはボーカル一人で
FQTQが打ち込みで作った曲にボーカルを入れただけのユニット。

曲は4月頃から出来ていてあとはそれに歌詞をつけて
唄入れるだけだった。
しかし肝心のボーカルが失踪してレコーディング延期して
それっきりだったのだ。
今回ボーカルこと、ドリルさんが見つかったとのことで再開。

レコーディング当日にはじめてドリルボーイボーカルの
「mokki」ことドリルさんの作詞した歌詞を知ったわけなんだけど
かなり意味不明で衝撃的だった。
曲名は「go west」。

20テイクくらいプリンス君宅で録音して家で編集作業。
ちゃんと音程とれててまともに使えるものは
ほとんど無いので(笑)ボコーダーかまして
ごまかす予定。
もうあたまから「go west」が離れん。
ごぉーウェース ごぉーウェーースト (←「ト」をちゃんと発音する)
ごぉーウェース ゴ・ゴ・ゴ・ゴー!
スポンサーサイト
リリースパーティ
GFKレコーズのコンピCDリリースパーティに出演した。
出番が2番目手で早い時間だったのでお客さんのノリが心配だったけど
いざ始まるとパリッコさん達が盛り上がっててノリノリだったので嬉しかった。
というか全然心配いらないかんじだった。
ライブ内容はいかにもテクノ!
ピコピコ!おしゃれサンプリング!へんなエフェクト!
ってかんじのインパクトのあるものを始めにやって、
あとはわりとよくライブでやるおなじみの曲(って感じにしたい曲)を
アレンジしたり、即興で音足したり削ったりした。
「rescue」をBPM118で裏打ちスネアのズンドコリムにアレンジしたんだけど
30分間という短いライブのなかのアクセントになっただろうか。
ラストの曲はLBTのレコ発イベント用に作った曲「urban style」。
全部通してBPMが118~156と起伏に富んだ楽しいかんじになった(かな?)
ブースの位置関係上、ステージのモニターがLチャンネルしか聞こえなかったり
音の跳ね返りにまどわされちゃったり
多少失敗があったけどCREATIONとは違う選曲にした。

あと他の出演者のパフォーマンスがすごく良いのばっかで
休む暇が無かった。
スマハンライブで体力配分考えずハッスルしすぎた。
楽屋にいたディスコロマンスのあかなめさんに「GFK最高!」って言われて
自分は「GFKの人」って思われているようだったので
ちょっと困ったりもした(べつに良いけど・・笑)けど、
とりあえず「ありがとうございます」って言って雑談したりした。
こうやって普段あまりかかわりが無いアーティストと話せたのも
素直に嬉しかった。

CREATION1周年
幡ヶ谷HEAVYSICKで土曜のオールナイトでやった
今回、CREATIONクルー全員ライブということで
パーティの始めの20分と終わりの20分は
「DJ CREATION CREW」としてみんなでBACK to BACKした
初めてのDJだったんだけど
1週間前にドダイさんちで1回練習しただけだったので
もうちっと練習すればよかったと思った。
でも、いまのところDJセット機材買う気は無い。

自分のライブはいろいろ工夫して
お客さんが退屈しないようピコピコとかロックンロールとか
沢山パターン使ってカラフルな音色の楽曲にした(つもり)
自分のパフォーマンスに納得できない部分もあったけど
音楽に完璧などない、サッカーに完璧な戦術など無い
とうことで次もがんばろう。

ごげん ね、ゲロ しなきゃ いけない
ドイツのサッカーファンのための日本語講座

イングランド勝った。
ダイジェストの番組で見るとナイジェリアxスウェーデン戦のほうが
面白そうだった。
パラグアイxスペインも面白そうだった。
マラドーナが入国出来るみたいで良かった。
入国拒否したらマラドーナの発言によっては
世界中のサッカー好きを敵にまわすかもしれないわけだし。

というわけでサッカー見たりしつつ来週のライブ準備したりしています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。