FQTQ☆ピコピコマジック
ファンキーピコピコかつパワフルにわかりやすくて楽しいテクノをおとどけします
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CREATION2周年
今回のCREATIONはゲストライブが多くオープン時間も押していたため
自分のライブのセッティングや音だしは一切無しでやった。
持参したキーボードスタンドにネコパンチさんの機材をセッティング。
このとき音量メーターなどDJミキサーでチェックしておいて
ネコパンチさんのライブが終わったら、キーボードスタンドに
自分の機材を入れ替えれる。
音の調整は出来なかったけどすごい効率的。
先週のライブで失敗してしまったので今回は超慎重にセッティング、
とりあえず問題無くスムースにできた。



オープン前にフロア付近にいた出演者やスタッフらと
円陣を組んで気合を入れる。
ゲストのNOW!さんが円陣に乗りそびれるなど微笑をさそった。

ライブのほうはAKAIのMIDIパッドMPD16を掲げて大げさにおしてみたり
ライブっぽさを意識してみた。
サウンド面では最近導入したソフトシンセDiscovery
ミョンミョンしたメロディーをたくさん入れた。
すこしブレイクビーツ多めのファンキーセット。
お客さんが結構きてくれて自分は幸せ者です。

プリンス君のライブではサポートとしてステージにあがり
便乗して目立ってみたりした。
サポートの役目は再生ボタンをおしたり、2つ用意されていたガンダムのボイスネタを
ひたすら連発(他にすることがないので)したり。
プリンス君のパフォーマンスはかなり盛り上がっていた。

あと、自作の缶バッチをいっぱい作って物販のところにおいた
ジーコ(現役時代)、マラドーナ、バティ、ベッカム、
ドゥンガ、ネドベド、バルデラマ、ハジ、の缶バッチを並べてみた。
プリンス君の友人に「好きなのどうぞ」っていったら真っ先にネドベドを持っていった。
マラドーナやバルデラマを差置いてネドベドを持っていくとは!
現実主義的!近代サッカー派!
個人的には攻撃もディフェンスもサイドも右足も左足も使えてスタミナもある
ネドベドは以前ウイイレで重宝してました。(最近全くやってません)

というわけで、今回はあまり物販のところにいれずバッチがたくさん余ってしまった。
スポンサーサイト
BEAT TIME
横浜・白楽/六角橋地域のエリアで聞けるFMラジオの
PLATUNUS(FM88.5MHz)のBEAT TIMEという番組に出させていただきました。
ロボットアドベンチャーの曲紹介とインタビュー、
それとCREATIONの告知までさせていただきました。


トークのお相手はトリックスターのGEEPさんとPOSEのAISUさん
GEEP「今年の抱負は?」
FQTQ「テクノの楽しさをみんなに伝えたいです。」

そのあと中野ヘビーシックゼロで行われた
FUNKY CARGO!に遊びに行ってきた。
ヘビーシックゼロでファンキーとは!行かないわけにはかない!
ってかんじで行ったわけですが、踊って踊って非常に楽しかった。
ラウンジがセカンドフロアになってすごかった。
うまい棒とかチーカマもらえた。
LO,J
渋谷SIMOONにてLO,J
1時から1時間メインフロアでライブ。
自分のもち曲のなかからエレクトロ/エレディコなかんじで
楽しく踊れる選曲を意識してみた。
VJのMEMさん、taro hinoさんがピコピコテクノに
ドット絵風のVJやってくれて最高だった。感激。
来てくれたお客さん、LO,Jの関係者の皆さん、ありがとうございました。

かれこれ2年くらいクラブでライブをやったりしてたけど
今回初めてミスで途中で音を止めてしまった。
はたから見たら曲をシーケンサーで再生してるだけに見えるかもしれないが、
結構手動でいじっちゃってるので常に気が抜けない、、反省。
ライブならではの愛嬌ってことで許してください(苦笑)

この失敗は、セッティング時の意識が甘かったんだと思う。
「適当に機材置ければセッティングはOK」って意識でやってたけど
もうちょっとライブがやりやすい機材配置にしないと
ノリノリになってきたときに狭く暗いブース内(裏側)では
関係ないボタンを押してしまったり、
ケーブルを踏んでMIDIPADの電源を抜いてしまったり、
ディスクの取り出しボタンにぶつかってしまったり、
ゴチャゴチャ置いていたら前後のDJに迷惑がかかってしまう。

そんなこんなで来週CREATIONもがんばろうと思う。

U22 日本4-0ニュージーランド
U22日本代表とU22ニュージーランド代表の試合がありました。
TBSの中継があまりにもグダグダだったので面白いので記録しておきます。

TBSで番組サブタイトル的に「サバイバルマッチ」って出てたけど
ただの親善試合だし、ニュージーランドが全然弱いし、
挙句、日本は後半バンバン控え選手出したりしてサバイバル感はゼロでした。

TBSが勝手に日本代表の選手にキャッチコピー?をつけてたんですが
一部アホすぎです。
GK林   『GK王国の後継者』→GK王国?どこがですか?
DF三田  『希望の光』→「三田光」という名前なだけだよね?
DF青木  『新・アジアの壁』→ホントはMFの選手でパスがうまい=守りより攻撃に
    期待されている。「アジアの壁」では意味不明。
MF阿部  『和製ベッカム』→ベッカムとポジションが違う。顔もべつに似てない。
MF森崎  『森崎ツインズ兄』→○
MF根本  『美白のロベカル』→ポジションしか共通点がない。
    そんなこといったらどのチームにもロベカルいるっつうの。
MF池田  『若獅子』→意味不明。写真見て適当に決めた?
MF石川  『スピードスター』→○
MF松井  『ファンタジスタ』→○
FW大久保 『ヤングジャパンのエース』→○
FW前田  『悲運の天才』→サッカーで上手いけど怪我してあまり活躍できないっ
    てのは良くある話だが、あまりピンとこない
MF鈴木  『ワイルドボランチ』→○(見た目がワイルド?)
FW中山  『浪速のゴン』→○?中山って苗字だから?(笑)
FW田中  『スーパーサブ』→○
GK川島  『PKストッパー』→○U20でPK2本くらいとめたんだっけ
DF北本  『スキンヘッド軍団の若武者』→○ヴィッセル神戸のDFは
    全員スキンヘッドってことで話題になってますね。
FW矢野  『ヘディングマシーン』→○?
DF徳永  『早稲田のカフー』→世界を舞台に戦ってるのに「早稲田の」って・・
     ちなみに早稲田は関東2部リーグからも落ちて現在、都リーグだそうです。
MF山瀬  『帰って来た司令塔』→○怪我から復帰
GK岩丸  『岩石セーブ』→なんじゃそりゃ?!ヒドい、ひどすぎる!

実況アナウンサーもグダグダでした。
選手の特徴とか全然しらないのか、やたらキャッチコピーを連呼してました。

「中山とういう選手は今まであまりいなかったタイプの選手ですよね?!」
中山ゴンと似たタイプだから「浪速のゴン」って紹介入れてたんじゃないのか?(笑)

「『美白のロベカル』とよばれていますが・・・」
おまえら(TBS)が勝手にそうよんでるだけだろうが(笑)

「ワンポイントで合わせてきました!」
『ピンポイント』っていいたかったんだよね?(笑)

「ジーコタン・・・ジーコ監督も観に来ています」
2ちゃんねらー?(苦笑)


・・・選手たちは全然悪くないっす。
しかし「岩石セーブ」はひどすぎる!笑ったけど。
ACIDを使って良いマスタリングをするには
GIGAPort AG
http://www.egosys.co.jp/esi/gigaportag.htm

これに8チャンネルのアウトプットがあるので
ACIDの各トラックをバラバラにアウトプットして
外でハードのミキサーで(コンプ・リバーブなども使って)ミックスすれば
良くなるんじゃないかと企んでいる。

ACIDの音質の悪いところはWAVファイルのピッチを変えたときに
劣化するのは仕方ないとしてあまり使わないんだけど、
ちょっとトラック数が増えて音が増えてくると一部の音がザラついて
埋もれてしまうようなかんじがする。
独特の質感になってしまうというか。
ミキサー部分がしょぼいというか。
でもACIDの操作感は捨てがたい。
GIGAPort AGは大体2万5000円から3万程度のお手ごろ価格のようなので
試してみる価値はあるだろうか。
GW中に実家から12chミキサーをもってきてみたが・・・。

CREATIONフライヤー
夕方、フライヤー印刷業者から電話があって
9日にあがる予定だったCREATIONのフライヤーが
1日早く出来たらしい。
早速仕事が終わって夜にうけとりに行った。
火曜日の朝に入稿して木曜に出来るなんてスゲェと思いながら
印刷物を受け取った。
・・・デカい。重い。
おかしいな、前回はカバンに入ったのに今回は全然入りそうにない。
紙の厚さが変わったのかな?でも払った料金は前回と同じだし、、
とか思いながら一生懸命抱えて歩いてたら印刷物の包装に「5000」の文字が。
あれ?もしかしてこれ5000枚?前回同様3000枚注文して
9450円だったのにいつのまにか変わったのかな?2000枚サービスか?
最小ロットが5000からになったのかな?ただの間違いか?
ってゆうか重い。
そんなわけで今回CREATIONのフライヤーは前より多い5000枚です。
関係者の皆さん頑張って配りましょう。

ACIDでてきとうに

CD聴いてもらった方などに
「マスタリングはどうやってるんですか?」
「ソフト何使ってますか?」とかよく聞かれる。
マスタリングに関してはあまり自信無くて
日々勉強して頑張ってるかんじなんだけど
マスタリングがヘボくて何使ってるか聞かれているのか、
それとも自分でやったわりにはちゃんと出来てるので聞いているのか、、
少し考えてしまう。

マスタリングはACIDでDXプラグインとかを駆使してやっているんだけど、
ACID自体は癖があってあまり音質の良いソフトとは言えないので~
とかいちいち説明したいわけだけど、面倒だ。
そもそも同じソフトやプラグインを使っても、使う人が違う人なら
違うものができるだろうし。
高級高品質の機材を使ってもうまく使いこなせなかったり、
ACIDのようなソフトでも工夫次第というか使う側にスキルやアイデアがあれば
それなりにバランスのとれたマスタリングは出来るとも思う。
結局、誰がどのソフト使おうが関係ないじゃないかと。

そんなわけで今度「マスタリングはどうやってるんですか?」って聞かれたら
めんどくさいので「ACIDでてきとうに」って答えることにしよう。
実際はてきとうどころか何度も何度も試行錯誤して頑張ってるわけで
初心者がACIDで適当にやってもうまくいかないかもしれないけどね。
CDを聴いてない知識のある人には
「はぁ?ACID?あんなのでやってるならクソみたいな素人っぽい曲なんじゃない?」
って思われそうなので(そんなもんだけど)聴いてくれた人にしか言わないことにしよう。

連休中はライブ準備
横浜のPOSEというパーティにてDr.Shingoさんに
「あきらめず何回もデモ送ってみな!」
との言葉をいただいた。
ちょっとしたことでも励まされたりするもんです。
がんばろう。

次のライブの5月23日のLO,Jというイベント、
ゲストライブと思ってたら前売りノルマがあるみたい。
運営の状況を聞くと仕方ないかとおもうけど正直、キッツい。

とりあえずいろんな人に「前売り買って~」
って声かけるけど、みなさん気分悪くせずに
応援よろしくお願いします。
上手いこと盛り上げてCreationのアピールしたい。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。