FQTQ☆ピコピコマジック
ファンキーピコピコかつパワフルにわかりやすくて楽しいテクノをおとどけします
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
re_Freq Mix
ドダイさんが個人でやっているインターネットラジオ「re_Freq Mix」
ゲストとしてトーク出演。
「re_Freq Mix」は主にドダイさんがDJをしてそれを流すのがメインなんだけど
今回の「re_Freq Mix」はドダイさんのお誕生日スペシャルということで
自分、イオさんパリッコさんがゲストとして出演することになった。

ドダイさんの誕生日ということで「手作りケーキ」と称して
駅でケーキを買ってもっていった。
ラジオではライブカメラもあるので絵的に面白いかなと。

会場はドダイさんの家。
出演者がマイクを持参してきてミキサーにつないで
飲み食いしながら適当にトークするって感じだったんだけど
てきとうすぎて各マイクの音量がバラバラ(笑)。
・・というか自分が持参したSM58が音量がでかかった。
一人だけ業界定番マイク持参で業界人気取りしてしまった(よく知らないのに)。
それで誰かヘッドホンで音量チェックくらいすればいいのに
みんな微妙に酔っ払ってたし、素人なんでリハなしでそのままやってしまった。

番組はライブの機材の話をしたり、リスナーの質問にこたえたり、
イオさんのDJ、スクラッチ講座などをやったり
またトークしたり、ドダイさんがDJやったり
延々あさ6時過ぎまでやってました。
パリッコさんの10月27日の日記について詳しく話しがきけて楽しかった。

聞き逃してしまった人は一部アップされているのでよかったらどうぞ。


スポンサーサイト
アンダーワールド、ケミカルブラザーズ、ダフトパンク、コールドカット、テクネジア、ミックスアップ、メキシコ
NOW!さんがうちに遊びにきた。
他人の家に行きCDを焼くのがマイブームという事でイオさんの次に
僕んちに来た模様です。次はどこに行くのでしょうか。
NOW!さんは来て早速CDを物色、
以前いらないCDをレコファンに売りに行く前に
CDラックを整理しておいて良かった。

うちにNOW!さんが興味を持つCDがあるのかな?と思ったけど
「最近行った家で一番まともなCDが多い!」と言って
結構な枚数を焼いていった。
「CREATIONのCDもいっぱいありますよ」といったら丁重にお断りされた。
CDを焼きながらフルーティループスを立ち上げて
何かコラボレーション的なものをやろうとしたけど
とくになにもせず、ケミカルブラザーズのDVDを見たりした。
帰り際に2人で駅前のてんやで天丼食った。
そんなNOW!さんの今後の活躍に期待。
DJや全での活動が楽しみです。

りぬ
デザイン一新しました。
ちょくちょく音も聴けるようにしていきたい。
携帯版のほうはあとでやろう。



「テクノ喫茶ピエール」より

一年後くらいに消えるの : 多いよね  09:49:10
デモを送ってみよう

こういうのに送ってみようかな
忘れないよう日記に晒しとこう。

この手のオーディションって写真が必要だったりして
ちょっと抵抗があったりしたけど
これのBは必要ないみたいだ。
RHYTHM of SHEEP
中野HEAVY SICK ZEROのTECHNO/HOUSE系レギュラーイベントに出演。
ノートPC(オーディオカードはUA-5
SH101(赤グリップ付き)
MPD16(AKAIのMIDIpad)
EFX-500 (エフェクター)
■ボコーダー
というセットの機材で1時間やった。
ボコーダーはFL4studioのfruityVocoderを使用。
前半はPCで音を流しつつMPD叩き&エフェクトを、
後半はボコーダーで声を入れたりSH101弾いたり。
ノートPCでのライブに移行して、ある程度慣れてきたので
マウスで頑張ってソフトウェアのフィルター操作したりもした。

遊びに来てくれたみなさん、ありがとうございました。
出演者のみなさんおつかれさまでした。
HEAVY SICK ZEROのスタッフのみなさん、ありがとうございました。
あと、FQTQを10月のピックアップ?にいれてくれてありがとうございました。


準備中(必死)
BUBBLE-B feat. Enjo-Gの新曲がディスコでカッコイイ。

明後日のライブの準備に終われる日々ですが、
ここ最近デカい祭りイベントで20分のライブが続いたせいか、
1時間ライブが超長く感じる。
ライブの準備をしてて1回一通りシーケンス流して確認するだけで
1時間もかかっちゃうんですよ!(あたりまえか)
ヴォコーダーで歌ったりする曲がちょっとしかないので
何処で演奏やヴォコーダーを入れるかが難しい。
5ヶ月間くらい暖めてきた例のリミックス曲をやろうかなと。

あともうちょっとパッドプレイ練習してハイファナのように
カッコイイパフォーマンスをしたい。
とりあえずサンバのリズム?でアゴゴを鳴らしてみる予定。

というわけで頑張ってるのでみなさんライブ来てください。
http://www.heavysick.co.jp/zero/
10/16(木)23:00~24:00の一時間です。
来てくれた方には先着で
噂のメガネレコードバッチプレゼントしちゃいますよ!

M3
M3でCDRで作ったミニアルバム「SPACE MISSION」販売。
オリジナル缶バッチやスチロールのパネルなど用意していった。

ドダイさんと「メガネレコード」というサークル名でやったんだけど
「メガネレコード」ってのは後先考えず適当に考えた(笑)レーベル名。
メガネレコード缶バッチが即効で無くなったり
なぜかメガネに反応して商品全部買っていく方(最高です!)などいて
メガネブーム到来を予感させた。

CDを買ってくれたかた、ありがとうございました。
掲示板に感想などいただけると嬉しいです。

メガネレコードバッチが人気だったので
今度のライブ(10/16中野ヘビーシック)に作って持って行きます。
あと個人的にネドベド(チェコ代表)バッチ作ります。

曲をつくるということ
中3の終わりごろから打ち込みをはじめたので
そろそろ曲を作るようになって10年になります。
いまだに世間にこれといった評価をされることも無く悶々としている日々・・。

ここ何年かでクラブで遊んだり、テクノのイベントに出演したりしてるうちに
たくさんの「曲作ってる人」と知り合うようになったわけだけど
彼らと自分で曲を作る感覚の違いに気付くことが多い。
自分はクラブに行ったり、ちゃんとテクノを聞くようになる前から
曲作ったりしているので、テクノとかクラブミュージックを作るというのは
どちらかというと後から出てきたもの。
最初(高校入学当初)は打ち込みバンドでポップスやって
メジャーデビューして音楽で食っていきたいって考えてたりして(笑)。
結局メンバーも揃わず、個人で気ままに作れるテクノに傾いていったんだけど
そのへんで自分がテクノから作り始めた人より遠回りしている、損している感がある。

それがダメかっていうとそうでもなくて、自分の作風の基盤になってたりもする。
最初の2年くらいはサンプラー持ってなかったこともあって
とくにサンプリングしないで楽曲を組むのがデフォルトになった。
「あれをサンプリングして曲にしよう」とかのアイデアって自分には無くて
どちらかというと「あれをサンプリングしてここにあてはめよう」ってかんじ。
そのへんの作曲法・音作りの感覚の違い。

ときどき「歌物とか作らないの?」とか言われるとはっとする。
そういえば昔は「ポップスを作りつつ、テクノ(クラブミュージック)も・・」
って感じだったような。
最近こういうテクノの人って少ないのかな?

今は全く逆で、むしろ普通のポップス作る気はない。
テクノの歌物はやりたい。

酒もタバコもギャンブルもやらないが
お金をおろそうとしたら残高534円でびびった。
8月~9月は高額な買い物しすぎたからなんだけど。
パソコン、オーディオカード、レアもの中古シンセ、とか。

というわけで渋谷レコファンでCD売りに行った。
明らかに聞かないCDって結構多いし。
レコファンではHPに「買取額20%UP+1000円券」があるので
25枚売って7200円だったのが9640円になった。
これで給料日(15日)まで普通にすごせそうだ。

お世話になりました
AKAIの サウンドライブラリーダウンロード
10/15で終了だそうな。

サウンドライブラリーVol.2 がいつかアップされるんじゃないかとちょくちょく見てました。
第9節
Jリーグ2nd Stage 第9節、横浜 F・マリノス VS ジェフ市原@横国に行った。
岡ちゃんvsオシム。
前日にWEBで噂の オシム語録 を全部読んでから行った。
走って、走って、走れ。
現在首位マリノスと2位のジェフ、絶対すごい試合になるに違いない。
マリノスは代表経験選手が多くいるので個人能力が高く、質の高いサッカーを。
いっぽうジェフは走りこみの徹底、ボールを持っていない選手が動き回る
見ごたえのあるサッカーをする。

結果はマリノスが前半の久保のゴールで奪った得点で1-0のまま勝ち。
マリノスがドゥトラ、佐藤由紀彦などサイドから効果的に攻め、
ジェフのサイドの選手ががなかなか攻撃に移れず、押し込まれて
マリノス側が上手くジェフの良さを出させないようにしたかんじだった。
後半、両チームともフレッシュな交代選手を投入したが、
交代で入ったマリノスの坂田が突破してシュートまで持っていく場面などがあったり、
ジェフはマリノスのディフェンス(とくに中澤)にはね返されまくりで
マリノスのペースのまま終わった印象だった。
マリノスは松田が怪我で出てなかったけど代わりに出てた河合もいい感じだった。
選手層厚いな。
東京VINYL
3月のCREATIONに出演していただいたホンダレディ
のアルバム「東京VINYL」のレコ発に行ってきた。
会社の人の送別会と日程かぶっていたので
前売りチケットは買わなかったんだけど
送別会を仕事が忙しいフリして抜け出して行った。
HAIFANAのライブの途中で到着。
初めてライブ見たけどMPCやらCDJやらの手動演奏人力ぶりもすごかったが
楽曲のユーモアセンスというか飽きさせない音ですごくよかった。

どんなにHAIFANAが良いといっても今日の目当ては当然ホンダレディ!
というわけでホンダレディが始まったとたん、最前列に移動して踊りまくった。
サポートのサカエさんがマイクロコルグに専用ストラップつけて立奏していて
カッコよかったが、ちょっと長かったようで引きずらそうだった。
ライブの最後の曲「TEENAGE OF THE YEAR」ではドラグさんとともに
ケンサクさんにひっぱられステージに上がって、前のほうに陣取っていたお客さん10人くらい?
みんなで歌って踊って大騒ぎだった。
個人的には英語の歌詞の部分が、一部(後半)あやふやで言えてなかった(笑)
気持ちが入っていればいいか。音痴だけど。
そうとう楽しくて刺激になった。
グルコン
11/15までだそうです。
http://www.roland.co.jp/groove/index.html
SP808EXまだ持ってるからまたやろうかな。
グランプリになったら何かのきっかけになるかもしれないし。
前回おしいところまで行ってサイトに名前(なぜか本名で)が載ったりしたけど、
もうちょっと頑張ってエントリーされればGROOVEとかに載ったんだろうな。
WIRE出たって自慢できたんだろうな(ネタとして)。
インディーズでリリースとかやっていくには良い作品はもちろんだけど
実績や知名度(どのくらいメディアに出たか)が流通で重要になってくるので
それっぽい曲ができたら送ってみよう。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。