FQTQ☆ピコピコマジック
ファンキーピコピコかつパワフルにわかりやすくて楽しいテクノをおとどけします
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ふぬけ
LO,Jでのライブが終わって抜け殻状態。
昼に起きて17時頃やっと顔洗ったり動き出した。

LO,J終わって何日たってるのかもよくわからない
まだライブで使うため外に持ち出したノートPCとかマイクとか
持って帰って机に置いたままほったらかしで、セッティングとかしてない。
部屋散らかりっぱなし、洗濯物たまりっぱなし。
何もやる気が起きない。

渋谷に行ってCDでも買ってこようかな。
スポンサーサイト
LO,J
年内で営業終わってしまうismで行われたLO,J#3
某メガネ7時間アワーと日程かぶされつつも
FQTQ今年の集大成として1時間ライブやってきた。

イントロからハイファナきどりでMPD16でパッドプレイ。
実家の押入れに眠るMPC3000のことを思い出しながら(今売ったらいくらだろう、とか)
キック、スネア、キックキック、スネア!
MPD16のスライダーにはFLstudioのフィルターのcut offをアサインして
一瞬だけフィルターデスコ気取りしてみたりもした。

音はエレクトロ多め、ピコピコ電子音多めで
大胆に声ネタでリズム組むなどアゲアゲでいったり、
電子音でファンク・ディスコっぽいテイストをだしてみたりした。

パフォーマンスはパッドプレイ、EFX500のほかにSH101演奏、電飾、など
今年8月から導入したものも披露。
そしてHAAPさんのPLASTICLOVE猛毒のあれなど
勝手に他人様の歌をボコーダーで唄うなど、1時間で沢山出来た。


ライブを通して細かい失敗は沢山あったが、
おおむね好評だった(お世辞もあると思うけど)ようで
励まされる言葉をいろいろな方から沢山もらった。
「かわいかった」と答える人が多くて嬉しかったけど
あまりかわいらしさ出してもしょうがないような気もするので
次は「骨太だった」とか「変態だった」とか言われるようにしたい。
いや、楽しい感じが出てればいいかな。

あと、一晩でのCDの売上の新記録ができて超嬉しかった。
良いライブをすればたくさん売れるんだなと。

遊びに来てくれたみなさん、CD買ってくれたみなさん
ありがとうございました!!
妖しい音楽
渋谷でcarnivalism打ち上げ、
その後wombでDJniceさんのDJを聴きに行った。
入った瞬間「うわ!!怪しい!胡散臭い!」ってかんじの音が鳴っていた。
遅めのBPMに少ない音数。
妖しい、殺伐と、悶々とした空気、時々ポップに聞こえるけどどこか胡散臭い。
そういう曲も作れるようになりたい。
carnivalism#2
恵比寿みるくにてcarnivalism
Loop JunctionやYOUR SONG IS GOODのリハーサル見てビビッた。
自分がいつも機械でやってることを普通に生演奏でやってる(あたりまえだけど)。
本物のファンク、ディスコってかんじ。

FQTQライブはイベントの趣向を考え、
ファンクっぽいものやアコースティック系の音色を多めに意識してやった。
ラッパーのmc keitaとのコラボレーションは、、、
ラップを入れる曲が始まってもmc keitaくんが登場せず
ステージ上で一人オロオロしたりアドリブでシンセ弾いてみたり
珍ハプニングにより数分間のおかしな空白(音は垂れ流し)ができました。
しばらくして慌ててmc keita登場、ラップを入れる曲を最初からやり直すことに
上手いことしゃべり(ラップ)で誤魔化してやり直した(笑)。

あとでライブを見に来てくれたドダイさんとかに
一連のハプニングとオロオロぶりを「ニューウェーブだった」といわれる
適当に弾いた即興シンセ演奏もニューウェーブっぽかったけど。
これが主催者側の意図で「アドリブでつなげ」という演出だったら最高だ(笑)
あんなお客さんいっぱい入ってるのに申し訳ありませんでした。
楽しかったです。
やり直してやったコラボレーションもいい感じに出来た。

ライブ来てくれたみなさんありがとうございました。
関係者の皆さんお疲れ様でした。

日韓戦
大久保・・・_| ̄|○
審判もうちょっとどうにかならないか。

藤田は来年ジュビロ復帰らしいが
国内に戻ったらまた代表呼ばれなくなるのではないか?

サッカーダイジェストの4コマ漫画のネタになりそうな話題。

トラック製作
12/12carnivalismでラッパーのMCkeitaとコラボレーションするってことで
その曲を作るためにMCkeitaくんが家に来てラップを録音してみた。
ラップの部分は全部作ってきてもらっていたので
適当なリズムにあわせて録音、15分程度でバッチリ終了。
それを使って打ち込みで音足したり展開とか構成とかつけて作ることなった。
BPM118のハウスっぽいトラックになりそうだけどなかなか良い感じ。
BPM118ってテクノ的には遅いかと思うけど、ラップ的には
星井七瀬の恋愛15シミュレーション(BPM76)と比べたら超アッパー(比べるのが間違ってる)
ちょっと早口になるところもあるし、結構速いかんじがする。
自分の曲はBPM128~150くらいなのでライブの中ではちょっと遅い曲になっちゃいそうだけど
うまくライブでアクセントにしたい。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。