FQTQ☆ピコピコマジック
ファンキーピコピコかつパワフルにわかりやすくて楽しいテクノをおとどけします
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ライブについて
NEXTキジマさんに声をかけてもらい出演することになった。
久しぶりのSIMOONでのライブ。
ライブハウスでのライブはショルダーキーボードやボコーダー、
サックスのサポートなどを入れて幅広く動いたり
ステージを活かしたライブを意識したりするけど、
今回のSIMOONのライブはステージが狭く、照明もそんなにあたらないので
どちらかというと音や曲の流れで盛り上がるように考えてみた。

ライブでやった全8曲の内、シンセソロ弾くやつ1曲、ボコーダーやるやつ2曲で
他5曲はシンセもボコーダーも使わずにPC内のミキサーをマウスで(汗)いじったり
エフェクター使ったり、MPD16でパーカッション演奏したりという見た目地味な感じ。
たとえばBPMの近い曲を選んで全体流れをスムースにしたり、
曲の繋ぎめで2つの曲がミックスされてる気持ちよさとか
あまり自分のライブでは重視してないところを前半5曲でちゃんとやってみた。
んで最後3曲でトップギアに持っていく、と。
フロアの様子は知り合いが前の方にいるって以外はいまいち良く見えなかったけど
それなりに盛り上がってたかな?(前の方の知り合いとかが)

ライブハウスとクラブ、時間帯も夜と深夜ではお客さんのノリも全然違うし
踊るペースというかテンションとかも違うので
上手くどっちもいけるようになりたい。
ライブハウスでは所々で点火させる技を磨き、
クラブではじっくり陶酔させる技を磨く
それぞれ逆の引き出しもあれば武器になるとも思う。
自分のスキル的にはどちらかというとライブハウスの方が難しいかな。

スポンサーサイト
GWにやった楽曲制作2つ
ダイナミックかつチャーミングな女流漫画家、桃吐マキルさんがヴォーカルをとる曲を作りました。
作詞はハラハラドキドキの清野とおる氏。
「篠原ともえのチャイムみたい」とか、「フェアチャイルドみたい」とか
レコーディング現場に居合わせた某阿佐ヶ谷メガネDJ2人に言われましたが、
ようはポップで元気なテクノの曲に、ヒネクレた歌詞を可愛らしく歌った曲が出来たという感じ。
マキルさんも作詞をした清野さんも喜んでくれて嬉しかったです。
この曲はマキルさんの個展「マキル病棟24時!!」でCDRでリリースして販売する予定です。
6/7~6/19 ギャラリーART WAD'S (渋谷の宇宙百貨内)にて、入場無料。
▼詳しくはこちら

もうひとつ、ジャケット絵とか日ごろお世話になっているので
こないだお礼にステーキをご馳走したホラーギャグ漫画家押切蓮介氏関係。
押切さんのHP[カイキドロップ]の中のコンテンツが書籍になるということで、
それに付く怪奇音楽CDに収録する曲を作りました。
出版社から発売されて全国の書店に並ぶことになるので、ある意味メジャーデビューです(笑)。
世の中CD屋さんより本屋さんのほうが多いですよね。そういう問題じゃないか。
恐怖ミステリーの雰囲気?というかクールなピコピコって感じの曲になりました。
他にはオーラルバンパイアや天誅も参加するようです。
本のほうに清野さん、佐々木さん、見ル野さん、池川伸治先生なども参加してます。
コアマガジンから7/16発売。
▼詳しくはこちら

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。