FQTQ☆ピコピコマジック
ファンキーピコピコかつパワフルにわかりやすくて楽しいテクノをおとどけします
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CRAZYPOPS開催にあたって
僕は仲間とCREATIONというライブが多いテクノのパーティを
何度か休止しながら不定期にやって来たけど
今回それとは別にFQTQ主催イベントをやることになった。

自分で主催するというのはいろいろ大変だけど
ライブハウスの深夜の時間帯でサワサキさんが
お力を貸して下さるとのことで、いい機会だし考えてみた。
僕がブッキングできるアーティストで旬なのは・・。
CDリリースで話題急騰の天誅と、1年間ライブ活動を休止している
押切さん(怪奇ドロップ)が出てくれれば
やってみる価値あるんじゃないかと考えた。

天誅は日程さえ合えば出るとのことで、
是非ともあわせて怪奇ドロップも出したいと思った。
押切さんは知り合う何年も前から天誅のファンだし。
しかし怪奇ドロップは去年の10月のライブで失敗して以来、
休止したままだった(でろでろ3巻巻末参照)。




6月のある日、押切さんとせーのさんと天誅のシャミさんと4人で遊んだ。
押切さんの家でマリオカートをやったり、
お菓子食べたり、だらだらしながら言ってみた。
「押切さん、久しぶりにライブやってみたくないですか?
僕と、天誅が出るんで怪奇ドロップも出ませんか。
準備から全部手伝うんで・・・。」
僕はずっと休止している怪奇ドロップさえ出てくれれば、
押切さんさえ首を縦に振ってくれればこの企画は成功だと思っていた。
「・・やってみましょうか、久しぶりに・・!」
押切さんのもとには他に何本もライブ出演依頼が来てたけど
全て断っていたそうな。
本業の漫画をおろそかには出来ないからだ。
それでも快諾してくれたのだ。
帰ったら早速サワサキさんに連絡だ!

休日だというのにデートの予定も無い男4人が集まってマリオカート大会。
発売前のカイキドロップ(本の)付録CDをパソコンに入れ、
スピーカーからは、押切さんとシャミさんのコラボレーション曲
「呪われた音楽室」が流れていた。


楽しくて笑わずにはいられなかった。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。