FQTQ☆ピコピコマジック
ファンキーピコピコかつパワフルにわかりやすくて楽しいテクノをおとどけします
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
怪奇ドロップライブでした
初めての試みとなる押切さんと佐々木さんの制作した
映像を流しながらのライブでした。
ライブの前半は怪談テクノ、後半は僕の作った歌ものの曲でした。

今回、せーのさんが出ないとのことで、せーのさん的なポジションに
映像作った佐々木さん(ビジネスジャンプ「ツチノコ太郎」連載中)に
出てもらおうとリハーサルから佐々木さんに来てもらいました。
映像をだすスクリーンが見えなくなるので立ち位置が難しく
結局佐々木さんはしゃがんだままだったらしい。残念!
そして怪奇ドロップで「めんどくさい」をやりました。
なぜか押切さんがめんどくさいを唄ったら面白いかなーと思いまして。
押切さんがチョイスしたネタのめんどくさそうな映像が次々と出てきて
なかなかよかったと思いました。

mixiの歌では遊びに来てくれた天誅のしゃみさんに
得意のオペラ声で少し唄ってもらいました。しゃみさんGJ!
そんでノコマートの歌とかやりました。

来てくれた人ありがとうございましたー!
関係者の皆さんおつかれさまでしたー!

スポンサーサイト
9/30 CRAZY POPS
代々木 LIVE labo にて
FQTQ主催で行われたイベント「CRAZY POPS」のレポートを。

■レイブマンのDJ
 目が光ったりしつつ、しっかり踊らせるブリブリテクノ。
 歌ものを多くかけていた。
 BUCK-TICKのハードフロア・リミックスかけてたよね?
 
■おもしろ三国志ライブ
 新曲のロックな曲を披露。疫病蔓延乱世の兆し~~
 新曲のメロディを忘れ急遽ラップになる(笑)。
 いつも振り回す刀(青紅の剣?)を忘れるが新小道具で奮闘!
 はじめてみた人は衝撃だったに違いない。
 MCでは「クレイジーっていうか今日出演者みんなキチ○イだから‥!」
 呂伯奢、奥方様、董卓打つべし(檄)、バスロマン。
 
--------------出番
■FQTQライブ
 ▼1 sessions + the guitar sings
 the guitar singsにsessionsで使われてるイオさんが持ってきた
 声ネタやサンプルを重ねたもの。
 「メガネ」のところはおなじみLBT4番(Underage Drinkers/パリッコ)と
 ノコマートのうたのCDより清野とおる氏の声をサンプリング。

 ▼2 Ghost Chase
 押切さんの本”カイキドロップ”(コアマガジン社)収録曲
 ライブではエフェクターでリングモジュレーションをちょこまか入れたりした。

 ▼3 moon beam
 スネアにゲートリバーブのかかったエレクトロなビートに
 ピコピコシーケンスがからむって感じのアレンジでやった。
 ショルキーSH101青でステージの前のほうに行って生演奏。
 パリッコさんがフロア最前列で柵にもたれて寝てたのでショルキーで小突いたら
 起きて両手をあげて盛り上がった(笑)。

 ▼4 めんどくさい FQTQ REMIX
 オリジナルは桃吐マキルさんがボーカルだけど
 FQTQバージョンはエレディスコ調のトラックでボコーダーで歌った。
 あとメロディをショルキーで弾いたりした。

 ▼5 cosmic rays
 一気にBPMが上がってサックスのくーすけ君が黒ぶちメガネで登場。
 最近入手したソプラノサックスでCDとは一味違った綺麗で軽快な演奏を披露。
 うっかりショルキーで余計な音を入れてしまった・・!

 ▼6 dynamic seventeen
 30分のライブのピークというかんじでピアノリフやパーカッションで
 盛り上がるように派手なアレンジでやった。
 ボコーダーは和音で打ち込んでハモリをつけて厚みのある音を作った。
 
 ▼7 Chanbara Megane
 新曲。さわやかな胸キュントラック。
 ボコーダーで歌うので、聞き取りやすいキャッチーな言葉で
 軸となる歌詞を1行加えたいところ。
 
■怪奇ドロップのライブ
 ▼1 ノコマートの歌 FQTQ REMIX
 ぶっ続けで怪奇ドロップライブに突入。
 楽屋で押切さんは出番前に緊張して「漫画をかきたい!」と言ってたらしい。
 アッパーなトラックにシンプルな歌詞なのでライブでやりやすい曲だと思う。
 この曲では清野さんもちょっと歌ってた。
 
 ▼2 今朝は金縛り
 アルバム”夕闇ライダー”収録曲。
 怪奇ドロップってのはこうゆう曲調だっていう感じ。
 
 ▼3 怪談テクノ-呪われた動物園
 うわさの生怪談テクノ最新作!
 押切さんが「うわぁ、幽霊だ!」
 「や、やめろ!私の動物達をいじめるな!」‥等
 生実演した。すばらしい。

 ▼4 mixiの歌
 おなじみの曲を押切さんのボーカル+FQTQボコーダーで。
 
 ▼5 ノコマートの歌
 ”カイキドロップ”(コアマガジン社)収録曲
 おしゃれでかわいい曲。
 
 ▼6 狭い世界のアイデンティティ
 ”カイキドロップ”(コアマガジン社)収録曲
 ネコノコさんの ネコノコさんの ネコノコさんの‥
 ‥で、かなり盛り上がる(自分らが)。
 せーのさんは歌わず、押切さんが全部歌う。
 
MC~怪談
 怪談を聞きたくない人におまじないをしてウケてた。
 押切さんが母子家庭っていうのは有名だしホントの話なんだろうな(ヒヒヒ・・)。
 でろでろを描くきっかけがあきらかになった。
 
 あ、怪奇ドロップは半分くらい僕の曲でした。
--------------

■天誅のライブ
 天誅ははじめっからハイテンションだった。
 どぶ大根氏の衣装が全身タイツに股間に天狗、というかんじでバージョンアップしていた。
 頭狂アンダーグラウンドではマイヤヒーをとりいれ2階席まで大盛り上がり
 おっぱいおっぱいやピーターパーン!などインタラクティブなライブも、もうおなじみ。
 途中のプレゼンもいいかんじだった。

■ヨシカワさんのDJ
 アキラからはじまってファンキーセット。
 いいかんじに酔っ払ってステージ上で踊る!はじける!ブレイクビーツ!
 最後にかけたプライマルスクリームのロックスでサワサキさんが歌って盛りあがった。

■サワサキさんのDJ
 歌ものマッシュアップの嵐!
 バカボン、サブちゃん、サザン、アガる!アガる!
 最後に映画「メゾン・ド・ヒミコ」のサントラとなっている
 尾崎喜世彦の「また逢う日まで」のサワサキさん自身のREMIXをかけて
 最高のクライマックス!


 楽しくてあっというまに終わってしまったかんじだった。
 
 みんなおつかれさまでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。