FC2ブログ
FQTQ☆ピコピコマジック
ファンキーピコピコかつパワフルにわかりやすくて楽しいテクノをおとどけします
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
どけ!俺が吸う!
怪奇ドロップの夕闇ライダーレコ発イベント。
FQTQライブと怪奇ドロップのサポートで2回ライブ。

前売りチケットがなかなか売れてなくて当日まで焦ってたが
19時の会場時間に入り口に出たら結構友達みんな来てて
当日になって入り口で「前売りくれ」ってかんじで急に売れて即完売した。
押切さんとなんかやるってのはやっぱ普通のライブよりみんなの興味引くんだな。
前売り完売してすごく嬉しかった。

ありがたいことにお客さんが沢山来てくれたので、入り口に並んでる人が
全員入ってから10分押しくらいでライブをはじめることになった。
FQTQライブは最初5分エフェクターのみいじる、10分後ロープライト点灯、
15分後からショルダーシンセ出して演奏、30後ボコーダーで唄いはじめる
というかんじで徐々に演出を用意した。
PLASTIC LOVEのリミックス、Dynamic Seventeen(新曲)、猛毒リミックスと
一回のライブで3つボコーダーで唄うものをやったのは初めてかな。
ちょっとだけボコーダー入る曲はいくつかあるけど。

怪奇ドロップライブは押切さんが帽子をかぶって
デカくて丸いサングラスをして胡散臭いカッコでいいかんじだった。
清野さんは巨人の帽子をかぶって真ん中で椅子にあぐらかいて座りっていた。
その横でとりあえず適当におどってパソコンで効果音鳴らしたりしていた。
リハーサルのときから心配だったけど押切さんのマイクがあまり出ていなかった。
何かしらソフトウェアでマイクの音を持ち上げないとキツいなーと思った。
高校生の頃のライブで同じような失敗をしていたのを思い出した。
あまり準備の時間が無かったからしょうがないか。

イベント終了後は東中野チームと中野チームで分かれて飲んでるかんじだったけど
ヘロヘロに弱っていて荷物も多かったので、東中野で打ち上げをした。

ご来場の皆様ありがとうございました。
関係者の皆さんおつかれさまでした。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。